西東京・田無でのタクシーのご用命は、三幸自動車におまかせください

三幸自動車株式会社

  • タクシーをご用命の方はお気軽に
  • 042-461-2775

2020年度アーカイブ

2020年度のお知らせ一覧

交通界FAXPRESSに掲載されました(6月12号)

ベトナム料理など配送 三幸自動車 市民団体とも連携

【東京】三幸自動車(町田栄一郎社長:西東京市)は、5月18日から」小平市のベトナム料理店「チャオエクカフェ」と提携し、小平市・西東京エリアで料理に配達を開始した。提携料理店には新たにイラリア料理店「アンピア」(小平市)も加わった。また、小平市の市民団体「こだいらフード応援プロジェクト」とも連携し、プロジェクト加盟の料理をタクシーで運ぶ「こだいらフードデリバリーEXPRESS」サービスも開始した。

有償貨物運送の特例を受けて実施するもので、9月末日まで。

 同社ではデリバリー担当として兼務乗務員4名を配置、車両は8両確保した、乗務員は毎日の検温などで体調を管理し、マスク着用で配達する。料理は専門のデリバリーバッグでトランクに入れて運ぶ料金は店舗から1.2キロ以内なら迎車料金300円プラス目メーター料金で800円~900円。2キロ以内なら1200円~1300円

 町田氏は「地域の店と市民をつなぎ、雨の日でもタクシーなら確実に届けられる。地域密着の会社としてお役に立ちたい」などと話している。

第13回ラジ音タクシー出演しました

応募ページはこちら!!

今回は乗務員の立山亜紀子さんをお迎えしてお話を伺いました。


立山さんは 元々はウエディングプランナーのお仕事をされていたという立山さん。オーダーメイドツアーのプランナーを目指すご自身の強い想いからタクシー乗務員のお仕事に転身された んです!!

また番組内では、新型コロナウイルスへの対策についてや、新しく取り組みがスタートする 「こだいらフード応援プロジェクト」 についてもお話を伺いました!!

気になるお話の内容は、ラジオライブラリーからお聴きください!!

そして、今年お花見に行けなかった・・・という皆さんのために、リスナープレゼントをご用意いただきました!!

小金井公園や皇居への道など、様々な桜の名所の映像が収録されています、是非ご応募下さい!!

応募ページはこちら!!

皆様も、この地域の歴史や思い出をテーマに、お客様一人一人にあわせたオリジナルツアーを楽しんでみませんか。

タクシーでデリバリー 三幸自動車 「こだいらフード」とも連携

タウン通信 5月27日号 1面に掲載されました。

テイクアウトメニューをタクシーでお届けします!

西東京市に本社を置くタクシー会社「三幸自動車」では、期間限定の特例措置となる「有償貨物運送」の許可を受け、地域の飲食店のテイクアウトメニューの配達を行っています。

ベトナム料理店「チャオエムカフェ」店主のライさんからデリバリー商品を受け取る三幸自動車の町田社長(左)

 

新型コロナウイルスによる経済打撃に対して実施されるもので、9月30日まで。

同社では、ドライバーの毎日の検温などを条件に、認可を得ています。

 

こだいらフード応援プロジェクトとも連携

小平市で展開されている「こだいらフード応援プロジェクト」のデリバリーとも連携しています。

さらに同社では、独自に花小金井にあるベトナム料理店「チャオエムカフェ」などのデリバリーも請け負っています。

チャオエムカフェのメニュー(フォー)

同じく「バインミー」

 

同社の町田栄一郎社長は「地域のお店と市民をつないでいけたら。地域密着のタクシー会社としてお役に立てればと思います」と話しています。

三幸自動車

こだいらフード応援プロジェクト

 
 

タクシーがお店の料理を地域に配達 三幸自動車が小平市のフードデリバリー団体と提携

タクシーがお店の料理を地域に配達 三幸自動車が小平市のフードデリバリー団体と提携

ベトナム料理店「チャオエムカフェ」のライ店主(左)と町田社長(三幸自動車提供)

引用先:ひばりタイムス

 西東京市と小平市で営業するタクシー会社三幸自動車(町田栄一郎社長)は小平市の市民団体「こだいらフード応援プロジェクト」と提携し、お店の料理をタクシーで運ぶプロジェクト「こだいらフードデリバリーEXPRESS」を始めた。

 三幸自動車は西東京市に本社があり、小平市に営業所を置いて両市の地域交通を支えてきた。新型コロナウイルス感染症による外出自粛の影響で、地域に増えてきた料理のデリバリー事業に注目。国土交通省関東運輸局東京運輸支局から4月末、食料品や料理の運搬ができる許可を取得した。

 料理は専用のデリバリーバッグに収め、トランクに入れる。運転手は体温測定で体調管理したうえマスク着用。契約した店から注文があれば、日ごろ走っている地域を運転し確実に届ける。

 宅配料金は迎車料300円とタクシー料金を合わせた額。店舗から1.2キロ以内なら800円~900円という。

 低料金を掲げる競争相手のスタッフが自転車で町を走り回る姿も目につく。それでも三幸自動車の町田社長は前向き。「家族や知人友人が料理やオードブルなどを頼めば結局、宅配料金はむしろ安上がり。それに雨の日でもタクシーなら安全確実にお届けします」と話している。
「こだいらフードデリバリー」のホームページから

 この間、外出自粛で影響を受けた飲食店を支援する市民団体もタクシーによる料理の宅配に注目した。こだいらフード゙応援プロジェクト実行委員会は三幸自動車と提携し「こだいらフードデリバリーEXPRESS」と名付けた新たなプロジェクトを始めた。
 「雨の日も頼める! お店に電話1本で60分以内目安にタクシー配達!」
 こんなステッカーを作成して後押しする。

 宅配契約した小平市花小金井のベトナム料理店「チャオエムカフェ」のスタッフは「まとめて注文するとお得です。雨の日は待たされることもなく、安心確実です。4人分のお弁当を注文していただければ、800円分相当のおかずかサラダをサービスしますよ」と話していた。
乗務員と一緒の三幸自動車の町田栄一郎社長(右)(筆者撮影) 新型コロナウイルス感染症の拡大で都内に出ていた緊急事態宣言が25日に解除された。3月からこれまでの間、同社は39台の車両の稼働を3分の1から半数に抑えて営業してきた。売上げも激減し、乗務員も交代で半数勤務にしている。町田社長は「私たちも苦しいけれども、地域の飲食店のみなさんも厳しい。何かお手伝いできればと思いました」と料理宅配を始めた切っ掛けを話した。

 三幸自動車は高齢者支援サービスに積極的。車いすごと乗れる車両を配置して送迎に活躍。高齢や障がいがあっても、気兼ねなくドライブできる「オーダーメイドツアー」にも取り組んでいる。

 コロナ禍でタクシー業界も厳しい時期を迎えた。宣言解除後も、先行きは不透明。しかし町田社長は先をみながら、「生活や時代の変化につれて変わる人びとのニューズをとらえ、社会課題の解決を目指して努力したい。具体的には、車や自転車で15~30分圏内の観光地を楽しむマイクロツーリズムを推進したい。フードデリバリーの弁当を持参し、このプチ旅行を楽しむ時代が来ると思っています。タクシーなので除菌・換気の良い車の窓からの観光のみで、一歩も降車しないツアーもあります」と話している。
(北嶋孝)