西東京・田無でのタクシーのご用命は、三幸自動車におまかせください

三幸自動車株式会社

  • タクシーをご用命の方はお気軽に
  • 042-461-2775

街の相談役

三幸乗務員のコラム

ままペンシルの職場訪問!(第四話)

大学の授業で活躍「車イスごと乗降口から乗れる」新車両 登場!

2018年11月 「ちょこっとお邪魔します♪」第四話

情報発信チームのままペンシル、
武蔵野大学で「ユニバーサルタクシーを使っての演習」をすると聞いて、おじゃましました。

三幸自動車では、車いすごと乗れる福祉車両は3台走っています。

街中で目にする機会が増えた「ジャパンタクシー(トヨタ)」が、10月に仲間入りしました。福祉車両の1台としても活躍。多摩地区では、まだ、数少ないそうです。

後部が少し長く、平らで広い室内空間。

武蔵野大学での講座は、今回で12年目になるとのこと。
「社会福祉学科 社会福祉演習2・3」。

参加するのは、社会福祉士(ソーシャルワーカー)のタマゴ、大学2年生の約30名。
身体に不自由のある方の介助や相談を行う国家資格を目指して勉強中です。

さっそく授業を覗いてみましょう♪
まず講義からスタート。「地域密着の高齢者対策」と題して、地元の会社ならではの「オーダーメイドツアー」や「ユニバーサルタクシー」サービスが紹介されました。高齢者の年代を漫画「サザエさん」に例えた説明も飛び出し、「なるほど~」と頷く姿も。
また、所有する3種の福祉タクシーや利用実績を紹介。「車いすで気軽に外出したい」人が多いことが分かりました。

続いては、

タクシーを使って青空演習!

乗る人、押す人、交互にトライ。
スロープをゆっくり昇り、車内で方向転換、タイヤを固定し完了です。
椅子を動かす初動から、すべての操作に慣れると15分ほどとのこと。

 

車イスで乗れるタクシーを初体験した学生の皆さん、
「そのまま車に乗って移動できるのは、本当に便利。気軽に外出できそう」
「車内空間は広くて高さもあり、視界も広かった」
「小児用車イスのご家族にも、使ってもらいたい」
「もっと、施設や必要な人に伝えたい!」と興奮していました。

後ろから乗せるタイプ、回転式シートに乗り換えるタイプもそれぞれ体験しました。
回転式シートタイプ

 

――目線はいつも、座っているお客さんの高さに。
――スロープでは腰をいれて、ゆっくりと。

最後に「困っている人へは『お手伝いしましょうか』の一言で、お願いしやすくなる」と町田代表から、介助・サービスする側のワンポイントも伝授。

 

将来のソーシャルワーカーの皆さんと、「外出の楽しさをそのまま」支えることができそう!と今後に期待したくなる授業でした。

 

ままペンシルの職場訪問!(第三話)

田無神社 オーダーメイドツアーツアー成功祈願 ままペンシルの職場訪問!
2018年6月 「ちょこっとお邪魔します♪」第三話

情報発信チームのままペンシル、
今回は「オーダーメイドツアー祈願」におじゃましました!

「好きな人と好きな処へ」
そんな思いを叶える「オーダーメイドツアー」の安全と商売繁盛を祈願しに、
田無神社(西東京市田無町)へ参拝。
好評のオーダーメイドツアーの秘密を、ちょっぴり知ることができました。

「有名な彫刻はどこ?」「本殿にあるのよ」「見てみたいねぇ」
背の高い木々の緑に囲まれた参道を歩き、手を清めてから境内へ。
訪れたのはツアーを盛り立てる8名。向学心とサービス精神あふれる面々です。

文化財や地元アーティストの作品が飾られる本殿にて、ご祈祷。
田無神社七代目宮司・賀陽智之さんに祈祷していただきました。
(今回は特別に本殿入口から撮影させていただきました!)
オーダーメイドツアーの成功と安全は、これで太鼓判!

「楽しい時間」そのままをオーダーメイドツアーに!

ご祈祷後は、ご神木にタッチ♪おみくじ処へ。
「車椅子ならこっちを通るほうがいいね」
「トイレはここを案内すればいいかな」
「あのアイドルグループの絵馬もあるよ」
お客様をお連れするときのイメージも描きながら、皆さん自身も
楽しんでいるのが伝わります。

さながら「田無神社ツアー」となったひと時。
最後まで和気あいあい、友達や親戚とお出かけしているようでした。
「好きな人と好きな処へ」行けるオーダーメイドツアー。
どんなものなのか、知りたくなりました!

オーダーメイドツアーにもオススメ!
【田無神社】
東京都西東京市田無町3-7-4
http://tanashijinja.or.jp/

取材・撮影
ままペンシル(市内情報を発信しているおかあさんの編集・ライターチーム)

ままペンシルの職場訪問!(第二話)

商工まつり(5/12・13)レポート ままペンシルの職場訪問!

2018年5月 「ちょこっとお邪魔します♪」第二話

  • ままペンシル(市内情報を発信しているおかあさんの編集・ライターチームです)

こんにちは!ままペンシルです。

「タクシーで行く オーダーメイドツアー」ツアープランナー・チームが、広報活動の一環として“第4回商工まつり(文理台公園)”に参加?! 車椅子ごと乗車可能な「ユニバーサルタクシー」の乗降体験コーナーもあるということで…… 百聞は一見に如かず!! みなさんのブースに、ちょこっとお邪魔します♪

「ツアーの良さ、伝えたい!」

想いあふれるブース、乗降体験コーナー!

テントが40近くも張られた会場は、お客様でいっぱい!そんな中“お揃いのロングTシャツ”(こちら、女性スタッフがデザイン)で接客中のメンバーを発見!ブース内では「総持寺と田無神社を巡るコース」の様子がスクリーンに映し出され、参加したお客様それぞれがツアーを楽しんでいる雰囲気を伝えていました。

ブース内スクリーンには、田無神社宮司さん自らが境内を案内するシーンも! プレミアム感満載なツアーですね!

また、「ユニバーサルタクシー」の乗降体験コーナーには意外にも“若い世代”の方が興味深々。実際に車椅子ごとタクシーに乗り込む体験をし、感じたことをお聞きしました!

40代男性:「高齢になった親と一緒に外出」なんてときには、いいですね。ドライバーさんが介添えに慣れていらっしゃるのが、(車椅子の乗降作業をみていて)よくわかりました。

30代女性:車椅子ごと乗れるタクシーがあること事体、知りませんでした!おばあちゃん連れて「近所をお出かけ」とか、これならで手軽にできそう!

10歳女の子:全然怖くなかった。車椅子ごとタクシーに入れて、すごいっておもった!

40代母:細かく確認しながらあちこち固定しての乗降は、安定感がある。(怪我などで)自分たちだって一時的に車椅子ってこともあるから、こんなタクシーが市内にあるんだって知っているだけでも安心できます!

“移動手段”とだけ捉えていたタクシーに、“旅のたのしみ”“家族をつなぐ安心感”というストーリーがプラスされる「オーダーメイドツアー」の可能性が、ちょっとわかってきた気がしました。

介護資格を持つドライバー・渡辺さんの説明を、みなさん熱心に聞いていらっしゃいました。

*第18回わんぱく相撲西東京場所(5月20日(日)・田無神社にて)にチラシ350部を置く予定です。ご興味のある方はぜひ!